よく当たる占いを利用される方も「動物」が大好きな方は多いと思います。

必ず「犬と猫どっちが好きー?」と話題になることがありますよね。これ、実はどちらを好きかで相手の恋愛傾向や相性を知ることが出来ちゃうんです!

好きな動物で分かる恋愛傾向

勿論、他の要素も絡んできますから必ず当たる!というわけにはいきませんが、ある程度参考にしていただけるかと思います。

それでは早速、よく当たるも悶えた!『犬派か猫派で分かる恋愛傾向』をご紹介いたします。

「犬好き」は、感情表現が豊かな恋人を求める

「犬」という動物は、可愛がって育てれば育てるほど、飼い主に従順になります。猫に比べると感情表現も素直で、その反面、飼い主に依存します。

そんな犬を愛する愛犬家は、情を注いだ分だけ自分にも返してくれる恋人を求める傾向があります。

程度の差はあると思いますが、「あなたがいないと生きていけない!」と言ってくれるような自分に依存する恋人を「愛しい」と思い、「俺がいなくても生きていけるだろう・・・」と別れの台詞を言う人も中にはいます。

相手には常に「好き!」と言ってくれることを望みます。精神的に強くつながっていたいという考えから、なるべく一緒に居たいと考えています。結婚をすると、趣味や仕事など、同じ物に興味を持とうとするでしょう。

「猫好き」はドラマチックな恋愛をしたがる

「猫」という動物も、愛情を注げば注ぐほどなついてくれる動物です。しかし、犬に比べるとクールな性格。

気まぐれで飼い主に媚びる事なく、自由に生きるのが猫の気質だと言えるでしょう。

そんな猫を愛する愛猫家は、ドラマチックな恋愛を望んでいます。予測のつかない言動で振り回したり、気まぐれな態度に悩まされたり、自由奔放な恋愛を楽しむタイプの人が多いようです。しばらく連絡して来ない・・・と思えば、会った途端にものすごく甘えてくるといった″ギャップ″のある恋人をいとおしく思ったり・・・。

恋人との関係は、実にアッサリした距離を求めます。それぞれに、自分の世界を持ち、お互いの気が向いたときに一緒にいればいいと考えるタイプです。犬好きから見ると「ドライだな・・・」と思われがちですが、表面には出さずとも、心の奥底でつながっている信頼を大事に考えているようです。

ただし、ここで勘違いをする方も多いです。

「犬好きは、犬のような性格で、猫好きは猫みたいな性格」と思っていませんか?

実は、「犬好きは犬タイプが好きだけど、自分の性格は猫タイプ」だったり、「猫好きは、猫タイプに惹かれるけど自分は犬タイプ」という人も多くいます。

【恋愛傾向】

「犬好きで犬タイプ」の人は、はたから見ていても恋愛感情はとても分かりやすい人です。好きな人が出来ると、本人は隠しているつもりなのに、周りにバレバレだったり・・・。

遠距離恋愛は苦手、相手の浮気も許さない人が多いです。

◆相性診断:「犬好きで犬タイプ」が○(良い)、「犬好きで猫タイプ」「猫好きで犬タイプ」△(どちらとも言えない)、「猫好きで猫タイプ」が×(悪い)

「犬好きで猫タイプ」の人

恋人には犬の様に自分に依存してもらいたいと思う反面、自分は気まぐれで自由にしたいというのが「犬好きで猫タイプ」。相手を困らせたり、やきもちを焼かせる意地悪な一面も。

◆相性診断:「猫好きで犬タイプ」が○(良い)、「犬好きで犬タイプ」「猫好きで猫タイプ」△(どちらとも言えない)、「犬好きで猫タイプ」が×(悪い)

「猫好きで猫タイプ」の人

「猫好きで猫タイプ」の人の中には、恋愛に対して執着する人があまりいないよう。付き合っても長続きしない、という人がこのタイプ。

◆相性診断:「猫好きで猫タイプ」が○(良い)、「犬好きで猫タイプ」「猫好きで犬タイプ」△(どちらとも言えない)、「犬好きで犬タイプ」が×(悪い)

「猫好きで犬タイプ」の人

愛されるより愛することに幸せを感じるのが、「猫好きで犬タイプ」の人の恋愛傾向です。尽くしても尽くしても恋人はいつもそっけない。それでも好きで追いかけてしまうという一途で自己犠牲心が強いタイプと言えるでしょう。

◆相性診断:「犬好きで猫タイプ」が○(良い)、「犬好きで犬タイプ」「猫好きで猫タイプ」△(どちらとも言えない)、「猫好きで犬タイプ」が×(悪い)

あなたの友人や同僚、気になる人や恋人はどのタイプでしたか?