昔からよく当たる占いとして風水の考えに基いて行動する人が多くいました。

元々風水とは諸説ありますが中国の宋の時代より住居や建物の位置が運勢を決定すると言われており、その気の流れを物の位置で制御してしまおうというものです。

そのため多くは家具の配置や家の玄関や寝床の位置などを気の流れにしたがって決めてしまうという考え方です。

ただし、現在の風水は日本独自の解釈が加えられている部分が多くあり中国の風水とは異なる点があるため鑑定師によって結果が若干変わることがあるでしょう。

また風水には代表的な2つの理論があり「形法風水」と「理気風水」というものが存在します。

形法風水

形法風水とは大地の気の流れを重視し、龍脈からの気が妨害されず流れてくる気が溜まっている土地に家をつくるべきという考え、そうすれば富に恵まれ、悪い土地に家をつくると富を失うと考えられている。

理気風水

形法風水とは違い理気風水では方位による吉凶と個人の生年月日によって決まっている方位の吉凶を分析し家の部屋の場所や方位、家具の配置などを決める考え方である。

まとめ

風水と一言でいっても沢山種類があることに驚きませんでしたか?歴史が古い占いなので沢山の考えや流派、また国によって解釈が生まれている証拠でしょう。