よく当たる占いを使われる方も多くいらっしゃると思いますが、癖や仕草に、その時の心理状態が出るそうです。

相手の行動を読み取ることで、円滑な人間関係が築ける糸口になりますよ。

 

今回は、「癖や仕草で分かる性格診断」をご紹介いたします。

簡単にまとめたものですので、分かりやすく、見やすく記載していきたいと思います。

shutterstock_170968460-1

口に運ぶ食べ物を確認する人・・・執着心が強く、嫉妬深い。また、ストーカーになりやすい!

自分と「一体化」するものを、監視したり観察する行為は、「食べ物を確認=気になる人を確認」にもつながるんだとか!

また、「他人が食べる姿を見る人」も、相手の行動を観察して、自分に取り入れようとするため、ストーカーになりやすいです。

アナタの友人や、周りの人にそんな人はいませんか?

 

「つまり・・・」や「要するに・・・」を使う人・・・実は寂しがり屋

自分を理解してほしい!との願望の現れだといいます。話を簡潔にまとめたいタイプなので、せっかちさんが多いのもこのタイプ。

話すときの表情がコロコロ変わる・・・繊細で、警戒心が強い

表情がコロコロ変わる人は、いざというとき自分の本音を言っても周りに受け入れられやすくするため、日ごろから表情をコロコロ変えて、自分の本心を悟られまいとしているらしいです。

 

目線で相手の心を見抜く!

目線が左上・・・過去の体験や景色を思い出している

目線が左横・・・聞いたことがある音楽を聴いている

目線が左下・・・考え事をしている

目線が右上・・・イメージを構成(嘘や作り話を考えている)

目線が右横・・・創造を働かせて、これから聞く音がどんな音なのかを考えている

目線が右下・・・身体的イメージや、体に関すること、体感したことを思い出そうとしている。

 

鼻や口元を触る

嘘をついている、相手に本心を見抜かれたくないと思っている。

 

これだけでも、相手の気持ちや心理状態が分かりますね。

こっそりチェックしてみると、面白い発見が見つかるかもしれませんよ。