よく当たる占いでも信じる人もいればどうしても信じられない人もいることでしょう。

私自身も盲目的に信用することはできませんが、やはりよく当たる占いと呼ばれるところではズバズバと当たってることを言われて信じるようになりました。

昔の私と同じように占いを信じられない人のいうことの多くは「根拠を示せ」という話が多いです。確かに占いには様々な解釈があり、中には無理矢理大勢の人を何個かのグループにわけたようなものも存在します。

ただし私が考える占いの本質はそこではなくて占いの結果をもとにどのように行動し今後に活かすか。例えば喜ばしい鑑定結果が出たらそうなるように努力し、わるい鑑定結果が出たらそうならないように行動する、これが占いの本質と私が考えているんですが皆さんはどうお考えでしょうか?

また面白い意見を聞いたことがあり、悪い結果をどうやれば回避し吉にできるか的確なアドバイスできるのが占い師の腕の見せどころのようなんです。

よく当たる占いとして評判になっている占い師の人はそのような部分も優れているんでしょうね。

もちろんそれだけではなくてしっかり勉強されて的確な裏付けがあるからこそズバズバと当たる占いができるということは忘れてはいけません。