よく当たる占いとして歴史の古いタロット占いは有名です。元々タロット占いというものは小アルカナという56枚のカードと大アルカナという22枚のカード、合計78枚で占い方法が一般的です。

やり方はカードを裏向きににして机の上におきシャッフルし、その中かから何枚かのカードを引いて机の上に並べる。このカードの並べ方をスプレットと呼び、ひとつひとつのカードの絵柄に意味があり、それから占いの結果を読み取ります。このリーディングと呼ばれる部分で占い師の腕が出るところと言われています。

カードの絵柄以外にも並べたときの向きも関係しており、正位置とよばれる向きが上下正しい状態のときの逆位置とよばれる逆さまの状態で意味が変わってきます。基本的には正位置が「陽、善」の部分で逆位置が「陰、悪」の部分として占われます。

また、タロット占いは進路相談や恋愛相談といった具体的な占いに適しておりジャンル的に非常に人気のある占いである。

タロット占いの主なスプレットの種類

展開されたカードの配置で様々な意味をもちここでは代表的なスプレットの種類を記載しています

名称 意味
二者択一展開法 5枚のカードをV字型に配置
ケルト十字法 悪魔の10のカード
ヘキサグラム法 六芒星のようにカードを配列すること
変形ヘキサグラム法 ヘキサグラム法から12枚に増やし、過去からの流れを示す展開法
大三角の秘宝法 3角に3枚のカードを配置しキーカードを一枚配置
ホロスコープ法 黄金十二宮のように12のジャンルにカードを分け配列
ファランクス法 4×4で16枚のカードを配置
大ピラミッド法 最下段12枚、そのまま11、10と1枚になるまでピラミット式にカードを配置
グレゴリウス法 10枚を3段、その右横に1枚ずつ、さらにその右横に1枚ずつ配置
陰陽法 2枚のカードを縦に配置する

以上のように様々なスプレットがあり上記以外にもスプレットは存在し、その並べ方で様々な占いが可能になります。